人生を豊かに彩るWEBマガジン

まだ間に合う! 2月14日に終了する展覧会

今週末に終わる展覧会の情報を紹介(東京都版)

連載 ZIEL museum 2021.2.11

文:出口夢々

2021年2月14日に終了する展覧会(東京都内)を紹介します。どの美術館も新型コロナウイルス対策は万全。今週末に終わるので、まだ行かれていない方はぜひ足を運んでみてください!

 

展覧会情報

14日16時まで!
「文房四宝-平櫛田中 書道具コレクション-」

◇ジャンル:書道具
彫刻家・平櫛田中が書の作品制作のかたわら蒐集した書道具を、書の作品とともに紹介。田中が並々ならぬこだわりを持って蒐集した硯や墨をはじめとした書道具のコレクションを展示する。

会場:平櫛田中彫刻美術館
会期:2020年11月18日(水)~2021年2月14日(日)
観覧料:300円
開館時間:10:00~16:00
最寄り駅:一橋学園駅
HP:https://www.city.kodaira.tokyo.jp/event/086/086119.html

 

14日17時まで!
茶道具取合せ展

◇ジャンル:茶道具
展示室に当館茶室「古経楼」「松寿庵」「冨士見亭」の床の間原寸模型をしつらえ、館蔵の茶道具コレクションから約70点を選び展示(会期中一部展示替があり)。懐石道具・炭道具のほか、『玩貨名物記』『三冊名物記』『古今名物類聚』『大正名器鑑』などの名物記所載の名物茶道具を中心に道具の取合せを紹介する。

会場:五島美術館
会期:2020年12月5日(土)~2021年2月14日(日)
観覧料:1000円
開館時間:10:00~17:00
最寄り駅:上野毛駅
HP:https://www.gotoh-museum.or.jp/event/open/

 

14日17時まで!
きらきらでん(螺鈿)

◇ジャンル:工芸品
輝く真珠層を持つ貝を文様の形に切り抜き、嵌め込んだり貼り付けたりして装飾する技法、螺鈿(らでん)。本展覧会では根津美術館の所蔵品を中心に、日本における螺鈿技術の受容と展開の歴史をたどりながら、中国大陸・朝鮮半島・日本・琉球の、きらきらの螺鈿の魅力を紹介する。

会場:根津美術館
会期:2021年1月9日(土)~2月14日(日)
観覧料:1300円
開館時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
最寄り駅:表参道駅
HP:http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html
※オンライン日時予約制

 

14日18時まで!
35年の35点

◇ジャンル:彫刻、絵画など
練馬区立美術館で開催されたすべての展覧会をチラシ・ポスターなどで紹介し、同時に各年に開催された展覧会の出品作から1点ずつ選んだ35点の所蔵品を展示する。

会場:練馬区立美術館
会期:2020年12月12日(土)~2021年2月14日(日)
観覧料:無料
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
最寄り駅:中村橋駅
HP:https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=202011131605251910

 

14日18時まで!
MOTアニュアル2020 透明な力たち

◇ジャンル:現代アート
人や物を動かしている自然界や社会のなかの不可視の力の作用に着目し、そのメカニズムを再構築しようと試みるアーティスト5組を紹介。私たちを取り巻く目には見えない「透明な力」について考察していく。
参加作家
・片岡純也+岩竹理恵
・清水陽子
・中島佑太
・Goh Uozumi
・久保ガエタン

会場:東京都現代美術館
会期:2020年11月14日(土)~2021年2月14日(日)
観覧料:1300円(65歳以上900円)
開館時間:10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
最寄り駅:清澄白河駅、木場駅、菊川駅
HP:https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/mot-annual-2020/

 

14日18時まで!
石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか

◇ジャンル:現代アート
アートディレクターやデザイナーとして多岐に渡る分野で活躍した石岡瑛子の回顧展。広告キャンペーンから、映画、オペラ、演劇、サーカス、オリンピックのプロジェクトなど、唯一無二の個性と情熱が刻印された仕事を総覧する。

会場:東京都現代美術館
会期:2020年11月14日(土)~2021年2月14日(日)
観覧料:1800円(65歳以上1300円)
開館時間:10:00~18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
最寄り駅:清澄白河駅、木場駅、菊川駅
HP:https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/eiko-ishioka/

 

14日18時まで!
MOTサテライト2020 ハイファイブ-こころのこえ

◇ジャンル:絵画、映像、インスタレーションなど
美術館周辺の地域とつながり、まちの魅力を掘り起こすシリーズ企画である「MOTサテライト」。今回の展示「ハイファイブ-こころのこえ」では、2組・4名の作家が美術館の周辺地域で「こころのこえ」に意識を向けた新作を発表。美術館やまちを訪れる人たちが、作家や地域の人々、そして自分自身の「こころのこえ」にも耳を澄ますことで、未知の感覚や意識と巡りあう機会となることを目指す。

会場:東京都現代美術館
会期:2021年1月13日(水)~2月14日(日)
観覧料:無料
開館時間:10:00~18:00
最寄り駅:清澄白河駅、木場駅、菊川駅
HP:https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/mot-satellite-2020/

コメントを投稿する

コメントを投稿する

コメントをするには、会員登録/ログインが必要です。

この記事をみんなに伝える

ボタンクリックでシェア

ZIELのSNSをフォローしよう

  • twitter
  • facebook
  • line
この連載の記事一覧へ