人生を豊かに彩るWEBマガジン

きのこの栽培ブロックを買う #1

きのこ栽培の日々、再び

連載 きのこ日記 2021.3.13

文:花塚水結

この日記は、きのこに冒された編集部・花塚による、きのこの栽培日記です。

 

きのこ栽培中

こんにちは、編集部の花塚です。

突然ですが、今私は、きのこを育てています。

とある記事をきっかけにきのこにハマり、そして、とある動画をきっかけにきのこ栽培に夢中な日々を送っていたら、編集長に「仕事をしろ」と怒られてしまいました。

結構、いろんな記事書いて、仕事しているんですけどね。

まぁ、そんなわけなので、どうせなら私のきのこ栽培について記事を書いてみたいと思います。仕事をしていれば、編集長も文句はないでしょう。すでに趣味で一度育てたことがあるのですが、自分のTwitterにパッパラ〜とツイートするだけで終わってしまったので、もう一度、しいたけを育ててみようと思います。

ちなみに、とある記事というのはこちら。

▼私が毎日きのこを食すようになった記事

 

▼私がきのこ栽培をするようになった動画
【一週間生活‼︎】一週間しいたけ農園生活して爆食いしたら最高に楽しすぎたwww【はるあんちゃん料理】

▼「仕事しろ」と怒っていた編集長がこちら

きのこTシャツを着てダブルピースする編集長……

 

 

まずは菌床を調達

自宅できのこ栽培を始めるには、まず栽培ブロックを調達します。いわゆる「きのこのなる木」ですね。正式には「菌床」と言って、オガの木に栄養ときのこ菌を含んだものらしいです。はじめて知りました。

栽培ブロックは、Amazon楽天など、ネットで簡単に買えます。

前回に引き続き、森産業株式会社の「もりのしいたけ農園」の栽培ブロックを買いました。今回もよろしくお願いします。

くれぐれも注意して欲しいのですが、ステマ(宣伝だと気づかれないようにする宣伝のこと)ではないですから、安心してください。なんなら、きのこ案件欲しいくらいですからね

価格は1500円です。ステマではないですからね。きのこ案件待ってますからね

てなわけで、とりあえず栽培ブロックを頼みましたが、実はこの連載、毎日更新しろと言われています。明日届かなかったらどうしよう。

おしまい

 

▼連載トップ

 

  1. ふっちゃん

    何年も前の事なんですが栽培ブロックらしきもの1000円位だったらしいのですが 実家の庭の木の下にあったのですが 半年位かかって50個も収穫出来ませんでした 毎日水をやらなかったからかな⁉️ 家の中で育てたのですか⁉️

    • 花塚水結(ZIEL編集部)

      栽培ブロックの種類によって収穫に差があるのかもしれませんね……🤔 栽培ブロックは常にしっとりしていて、高温・直射日光を避けるといいみたいなので、毎日水をあげて高温と直射日光を避けるために、家の中で栽培しました🍄

コメントを投稿する

コメントを投稿する

コメントをするには、会員登録/ログインが必要です。

この記事をみんなに伝える

ボタンクリックでシェア

ZIELのSNSをフォローしよう

  • twitter
  • facebook
  • line
この連載の記事一覧へ