人生を豊かに彩るWEBマガジン

9月に公開されるおすすめ映画を一挙紹介!

劇場で映画を観よう!

特集 夏を乗り切る生活術 2021.8.30

文:出口夢々

2021年9月に公開される映画のなかから、おすすめ作品を編集部が厳選。ぜひ劇場に足を運んで、鑑賞してください!

 

◆「科捜研の女-劇場版-」

1999年から放送されている大人気ドラマ「科捜研の女」シリーズが、ついに映画化! 榊マリコをはじめとする “科捜研” のスペシャリストたち、捜査一課の土門刑事、解剖医の風丘教授らが〈世界同時多発不審死事件〉に挑みます。京都を皮切りに世界中に拡がる死の連鎖。シリーズ史上最難関の事件、現代最新科学では絶対に解き明かせないトリックを、榊マリコが解き明かします!

いやあ、ついに「科捜研の女」が映画化されますよ。リアルタイムでも再放送でも、幾度となく観てきた物語がスクリーンで展開されるのは、なんだか感慨深いですね。榊マリコと土門さんの掛け合いが映画館で観ることができるだなんて、楽しみで仕方ありません。

今回、マリコたちが挑むのは、〈世界同時多発不審死事件〉。テレビでの放送開始から22年。それだけ満を持しての映画化ですから、舞台も超ビッグです。とうとう「世界」進出です(実際に海外に行くわけではありませんが)。

世界各国で次々に不審死を遂げる科学者たち。科捜研が調査を進めると、遺留品から “未知の細菌” が検出された。さらに調べを進めると、禁断の実験を行う天才科学者・加賀野亘のもとに行き着く。

通称「ダイエット菌」と呼ばれる腸内細菌を発見し、世界規模での実用化を目指し研究をしている加賀。怜悧な頭脳とカリスマ性を持つ科学者で、自身の研究に疑義をはさむマリコに挑戦的な態度を取り、“シリーズ史上最強の敵” として立ちはだかる。マリコは加賀に打ち勝てるのか——。

20年以上にわたり常に最先端の技術を取り入れ、解決した事件は250を超える “科学捜査ミステリー” の最高峰が、スクリーンに登場です!

映画情報
「科捜研の女—劇場版—」
公開日:2021年9月3日(金)
監督:兼﨑涼介
脚本:櫻井武晴
出演:沢口靖子、佐々木蔵之介若村麻由美、風間トオル、斉藤暁、渡部秀、山本ひかる、石井彰、西田健、金田明夫、内藤剛志ほか
配給:東映
HP:https://kasouken-movie.com/

 

◆「鹿の王 ユナと約束の旅」

2015年本屋大賞第1位を受賞、シリーズ累計発行部数230万部を突破した上橋菜穂子の『鹿の王』が、日本アニメ界最高峰のスタッフたちによって映画化されます!

監督を務めるのは『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』、『君の名は。』の作画監督として活躍した安藤雅司と、同じく『千と千尋の神隠し』の監督助手を担当した宮地昌幸。「ハイキュー!!」や「攻殻機動隊シリーズ」「PSYCHO-PASS サイコパス」など、数々のヒット作品を生み出し続けているProduction I.Gが制作を担当する。

物語の舞台となるのは、東乎瑠(ツオル)帝国。強力な支配力を誇るその国は、 “黒狼熱”(ミッファル)という謎の病に侵食されていた。山犬が流行らせている病だ。その病の抗体を持つのは、孤独な戦士と1人の少女だけ——。

抗体を持つことで国の陰謀に巻き込まれる戦士・ヴァンと少女・ユナだったが、ついにはユナが山犬たちに連れ去られてしまう。ヴァンはユナを追う途中で、黒狼熱の治療法を探す天才医師・ホッサルと、狩人のサエと出会い、彼らはそれぞれに思惑を抱えながら共にユナを探す旅に出る。はたして、ヴァンはユナを助け出すことができるのか——。映画史に名を刻む、奇跡の感動巨篇が誕生する。

上橋菜穂子さんの作品が映画化とは……観る前からわかる。絶対に泣いてしまうやつやん!!

壮大なファンタジーの世界で描かれる、リアルな人間模様。さまざまな思惑が交錯するなかで際立つ、主人公の気丈な態度。本を開いて読み始めた途端、一瞬で物語に入り込こみ、気づいたときには涙を流している——上橋さんの作品には人を惹きつける魅力以上の、人を食らい尽くす “魔力” のようなものがあると思っています。

そして、その “魔力” は映像化されても薄れることがありません。よくある「原作のほうがよかったよね」なんて感情を、微塵も感じさせないんです。

なぜこんなにも豪語できるのかというと、『精霊の守り人』や『獣の奏者エリン』が映像化されたときのすばらしさを知っているから。そう、編集部・出口は、上橋さんの10を超える作品はすべて読み、映像化されたアニメもすべて観ている “上橋菜穂子ファン” なのです!

上橋さんの作品が好きな人も、まだ読んだことがない人も、みなさん、私の言葉を信じて、劇場に足を運んでください!「観に行ってよかった!」と絶対に思うはず

映画情報
「鹿の王 ユナと約束の旅」
公開日:2021年9月10日(金)
監督:安藤雅司、宮地昌幸
原作:上橋菜穂子『鹿の王』(角川文庫・角川つばさ文庫/KADOKAWA刊)
脚本:岸本 卓
声の出演:堤 真一、竹内涼真、杏、木村日翠、阿部 敦、安原義人、櫻井トオル、藤 真秀、中 博史、玄田哲章、西村知道ほか
配給:東宝
HP:https://shikanoou-movie.jp/

 

◆「マスカレード・ナイト」

 

ある日、警察に届いた匿名の密告状。それは「超一流ホテルのカウントダウンパーティーに殺人犯が現れる」というものだった

パーティーへの参加者は500名、しかも全員仮装をし、その素顔は仮面で隠されている。次々と正体不明の怪しい人間がホテルを訪れる状況で事件解決にあたるのは、警視庁捜査一課の破天荒な刑事・新田浩介と、優秀だがいささか真面目過ぎるホテルマン・山岸尚美。

刻一刻と迫り来るタイムリミット。増え続ける容疑者。犯人の目的は何か、密告者は誰なのか——。残されたわずかな時間で、新田と山岸は顔も姿もわからない殺人犯の「仮面」に隠された「真実」に迫る。

前作の「マスカレード・ホテル」に引き続き、新田浩介を木村拓哉さんが、山岸尚美を長澤まさみさんが演じます。

みなさん、「マスカレード・ホテル」はご覧になりましたか? まだ観ていない方は、Amazon prime videoやNetflixにあるので観てみてください! 木村拓哉さんが刑事からホテルマンに変身する姿がとてつもなくかっこいいんですよ!!!!! 木村拓哉さんがかっこいいのは周知の事実ですが、この変身シーンにはグッとくるものがあります。

当然、今作「マスカレード・ナイト」でもこの変身シーンをバッチリと見れちゃいます。もうそれだけで映画館に行く立派な理由になりますよね。はい。

……と、木村拓哉さんでひとしきり盛り上がってしまいましたが、長澤まさみさん演じるホテルマンの山岸もプロとしての矜持をビシバシ感じさせる佇まいで、かっこいいんですよね。「すべてを疑う」ことがモットーの新田と、「お客様がルール」の山岸は正反対のバディですが、正反対の2人だからこそ生まれる掛け合いがたまらないのです

ここまで演者さんにばかり目を向けてきましたが、本作の原作を書いたのは東野圭吾さん。企画書に「東野圭吾」という4文字さえあれば、企画決裁のプレゼンは5秒で決まるであろう、希代のヒットメーカー。東野圭吾さん原作でおもしくない映画、観たことありますか? 私はありません。

映画情報
「マスカレード・ナイト」
公開日:2021年9月17日(金)
監督:鈴木雅之
原作:東野圭吾『マスカレード・ナイト』(集英社文庫)
脚本:岡田道尚
出演:木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、梶原 善、泉澤祐希、東根作寿英、石川 恋、中村アン、田中みな実、石黒 賢、沢村一樹、勝村政信ほか
配給:東宝
HP:https://masquerade-night.jp/

 

◆「総理の夫」

妻が総理大臣になっちゃった!?

本作の主人公は、史上初の女性総理大臣……の夫なんです!

少数野党の党首で活躍する政界注目のエースの妻を持つ相馬日和(ひより)は、裕福なソウマグローバルの御曹司で、鳥類研究所に勤務する “鳥オタク” 。平和な日常を送る日和だったが、「ねえ、日和くん。もしも私が総理大臣になったら、何かあなたに不都合はある?」という妻の一言で状況は一変。内閣広報官の富士宮あやかから携帯にGPSをつけられ、日常生活も徹底的に管理されるようになる。

それでも “総理の夫” の自覚がまったく芽生えない日和に、凛子の有能な秘書・島崎虎山もあきれ顔。日和の母親でありソウマグローバルの会長でもある崇子や、ソウマグローバルのCEOで日和の兄・多和からも激しくハッパをかけられ早くも日和はヘロヘロに……。

一方の凛子も毎日働きづめ。政界のドン・原 久郎の裏切りにより、ついに衆議院解散を決意。総選挙へとなだれ込むが、そんな時まさかの事態が2人に襲いかかる――!

原田マハさんの『総理の夫 First Gentleman』が原作の本作品。「キネマの神様」で映画いいなあ〜〜と想いがこみ上げた方は、「総理の夫」も観てはいかがでしょうか?

映画情報
「総理の夫」
公開日:2021年9月23日(木)
監督:河合勇人
原作:原田マハ『総理の夫 First Gentleman』(実業之日本社文庫)
脚本:松田沙也、杉原憲明
出演:田中圭、中谷美紀、貫地谷しほり、工藤阿須加、余 貴美子、片岡愛之助、松井愛莉、岸部 徳ほか
配給:東映、日活
HP:https://first-gentleman.jp/

 

◆「空白」

始まりは、娘の万引き未遂だった——。

ある日突然、まだ中学生の娘が死んでしまった。スーパーで万引きしようとしたところを店長に見つかり、追いかけられた末に車に轢かれたというのだ。娘のことなど無関心だった父親は、せめて彼女の無実を証明しようと動き出す。

店長を激しく追求するうちに、姿も言動も恐るべきモンスターと化し、轢いた運転手、加害者の母親、離婚して人生を前向きに過ごしている元妻、弟子の漁師、娘の元教師、正義感の店員と関係する人々全員を追い詰めていく。

人は人を憎み、人は人に寄り添って生きていく。

「罪」と「偽り」そして「赦し」を映し出す、ヒューマンサスペンス映画です

観る者の心臓をあわだてる悪夢のような父親・添田 充を古田新太さんが、土下座しても泣いても決して許されず、人生を握りつぶされていくスーパーの店長・青柳を松坂桃李さんが演じます。

1分間の予告映像だけで伝わってくる、添田の迫り来る狂気と、その裏にひそむ悲しみ。青柳の「逃げ出した相手を追いかけて何が悪いんだ」という一言に滲む葛藤。感情のぶつかり合いを、ぜひ劇場でご覧ください!

映画情報
「空白」
公開日:2021年9月23日(木)
監督:吉田恵輔
脚本:吉田恵輔
出演:古田新太、松坂桃李、田畑智子、藤原季節、趣里、伊東蒼、片岡礼子、寺島しのぶ
配給:スターサンズ、KADOKAWA
HP:https://kuhaku-movie.com/

コメントを投稿する

コメントを投稿する

コメントをするには、会員登録/ログインが必要です。

この記事をみんなに伝える

ボタンクリックでシェア

ZIELのSNSをフォローしよう

  • twitter
  • facebook
  • line
この特集の記事一覧へ