人生を豊かに彩るWEBマガジン

本も雑誌も漫画も読み放題!「60歳」からの書籍サブスク

スマホ1つでいつでも読書に没頭できる

特集 春こそ、人生に祝福を! 2021.3.24

文:花塚水結

今回は、本や雑誌が読み放題になる「書籍サブスク」の選び方をご紹介します! 日々の生活がもっと楽しくなるサービスをぜひ見つけてみてください。

……と、その前に、「そもそもサブスクとはなんだ?」と思った方は、サブスク解説記事をどうぞ!

 

5種類の書籍読み放題を比べてみました!

「本は紙派!」も使ってみたくなる5種類の書籍サブスクを紹介していきます。
まずは、各サブスクのサービスを簡単にまとめてみました。

 

【月額980円で200万冊以上が読み放題】
圧倒的冊数を誇るサービス
「Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)」

Kindle Unlimitedは、月額980円(税込)で200万冊以上の書籍などが読み放題になるサービスです。
サービスはAmazonが提供しています。

ほかの書籍サブスクサービスと比べると、やはり圧倒的冊数を誇っているのが魅力的ですよね。200万冊って、どういうことですか。
しかも月額980円なので、月に雑誌を2冊程度読んでいる方であれば、簡単に元が取れてしまいます!

Amazonは「Amazon Reading」という本の読み放題サービスも提供していますが、違いを比較してみましょう。

買い物や、映像も楽しみたい方であれば、Amazon prime会員になるほうがよいかもしれませんが、本を楽しみたいという方は断然Kindle Unlimitedがいいですね。圧倒的冊数。

アマゾンジャパン合同会社
〒153-0064
東京都目黒区下目黒1-8-1
ホームページ: https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/subscribe/ku?shoppingPortalEnabled=true

 

【月額440円で雑誌もムック本も読み放題】
ドコモじゃなくても会員になれる
「dマガジン(ディーマガジン)」

dマガジンは、月額440円(税込)で500誌以上の雑誌が読み放題になるサービスです。ドコモが提供していますが、ドコモのスマホ・携帯電話を使っていなくても会員になれます。

本にもいろいろな種類がありますが、「雑誌だけの読み放題で十分!」と思う方は、dマガジンがおすすめです! なんてったって、月額440円。雑誌1冊よりも普通に安いですからね

ファッション誌はもちろん、ライフスタイル誌、グルメ、ビジネス、エンタメ……と種類も豊富なのが魅力的です。さらには、書籍と雑誌の中間的存在であるムック本も読めちゃいます。

タブレットをお持ちでしたら、ぜひ一度、デジタルデータの雑誌を読んでみてほしいのですが、写真のクリアさが半端ないんです!! 見開きで1枚の写真が使われているページは、1枚の画像としてきれいに見られますし、自由自在に拡大できるので、細かな文字などしっかりと確認できます

雑誌がお好きな方は、ぜひご検討してみてください〜。

株式会社NTTドコモ
〒100-6150
東京都千代田区永田町2-11-1
電話:0120-800-000
ホームページ: https://magazine.dmkt-sp.jp/

 

【月額418円で500誌以上が読み放題】
年間契約が圧倒的にお得!
「楽天マガジン」

楽天マガジンは、月額418円(税込)で500誌以上の雑誌が読み放題になるサービスです。

本にもいろいろな種類がありますが、「雑誌だけの読み放題で十分!」と思う方は、楽天マガジンがおすすめです! ……っておい!「それさっきdマガジンのときにも言ってたよ〜!」と思われた方、そのとおりです。

dマガジンは月額440円で、楽天マガジンは月額418円で雑誌が読み放題と、ほぼ互角のサービスなんです。2つのサービスを比較した際の楽天マガジンのメリットと言えば、やはり値段ですよね。月額払いだと月22円差ですが、長期期間の利用を考えている場合は、かなりの差が出ることになります

楽天マガジンは年額3960円(税込)で年間契約が可能で、月額あたり330円とお得になるのです。一方、dマガジンには年間契約がありません。dマガジンの1年間の料金と、楽天マガジンの1年間の料金(年間契約)を比較すると、その差額は1320円にもなります!
ただし、これまで楽天マガジンを利用すると楽天ポイントが付与されていましたが、2021年3月現在、楽天マガジンの利用による楽天ポイントの付与は終了しているので、気をつけてくださいね。

とは言っても、読みたい雑誌が配信されていることが大事です! dマガジンと楽天マガジンでは読める雑誌が微妙に異なるので、自分の読みたい雑誌を確認してからの検討をおすすめします。

楽天株式会社
〒158-0094
東京都世田谷区玉川1-14-1
電話:0800-805-0500
ホームページ: https://magazine.rakuten.co.jp/
お問い合わせ: https://magazine.faq.rakuten.net/s/ask

 

【月額618円で漫画も雑誌も小説も読み放題】
総合コースが圧倒的にお得!
「ブックパス」

ブックパスは、月額618円(税込)で36万冊以上の漫画や雑誌、小説、実用書などが読み放題になるサービスです。

読み放題には「総合コース」と「マガジンコース」の2つのコースがあります。
「総合コース」は、月額618円で漫画や雑誌、小説、実用書など36万冊が読み放題になります。「マガジンコース」は、月額418円で30誌以上の雑誌が読み放題になるコースです

雑誌の読み放題なら、正直、dマガジンや楽天マガジンのほうがお得です……。dマガジンや楽天マガジンなら同程度の値段で読める冊数が格段に上がりますからね……。
しかし、「総合コース」なら+200円で雑誌に加えて漫画や小説も読み放題になります! 「幅広いジャンルを読みたい! でも料金は抑えたい!」という方には、ブックパスがとてもおすすめです。

ただし、ブックパス内で配信しているすべての書籍が読み放題になるというわけではありません。自分の読みたい書籍が読み放題プランに入っているか、確認して検討しましょう。

株式会社ブックリスタ
〒107-0052
東京都港区赤坂2-5-27 SKIビル4F
ホームページ: https://bookpass.auone.jp/?prev_link=top_header

 

【月額550円で『るるぶ』が読み放題】
旅行のお供にこれ1つ
「ブック放題」

ブック放題は、月額550円(税込)で3万冊以上の漫画や雑誌などが読み放題になるサービスです。

ブック放題の特徴は、雑誌『るるぶ』が読み放題になることだと思います!
今やインターネットの時代ではありますが、旅行前に必ずガイドブックを買いたくなる現象、なんなんでしょうかね。でも、旅行には持って行かないんですよね。それは私だけですかね。

おそらく、ガイドブックを旅行先に持って行かないのは、「旅行先で本を開くの面倒くさいな〜」という気持ちからきていると思うんですけど、タブレットでいいならめちゃくちゃ楽じゃないですか!!! スマホでも開けるし。しかもブック放題なら『るるぶ』国内外バージョン揃ってるし。最高か。

というか、旅行先での微妙な待ち時間にもタブレットでほかの本も読めちゃうし。え、旅行好きの人にブック放題おすすめすぎませんか?

「自粛が明けたらここに行きたいな」という希望も込めて、旅行好きな方はぜご検討してみてください!

株式会社ビューン
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE
ホームページ: https://bookhodai.jp/

 

「本は絶対に紙がいい!」

そうなんですよね。私も、編集者の端くれとしてその意見も持っているのですが、そんなことは言っていられないくらい、読み放題サービスがすごかった……! どんなかたちであれ、読者のみなさまに届くとうれしい気持ちに変わりはありません。読み放題なら、普段は読まないようなジャンルの本に挑戦できることも魅力の1つです。ぜひ書籍サブスクで、読み放題ライフを送ってみてはいかがでしょうか?

 

▼関連記事
争いを起こさないための平和的「60歳」サブスクの選び方
かゆいところに手が届く!「60歳」家事サブスク
憧れのアイテムを利用できる 「60歳」家具・家電サブスク
話題のあの作品が見放題! 60歳から始める動画配信サブスク

コメントを投稿する

コメントを投稿する

コメントをするには、会員登録/ログインが必要です。

この記事をみんなに伝える

ボタンクリックでシェア

ZIELのSNSをフォローしよう

  • twitter
  • facebook
  • line
この特集の記事一覧へ