人生を豊かに彩るWEBマガジン

川﨑恵美さん直伝! 夏でもご飯がすすむ 栄養たっぷり「ニラタマトマ炒め」

具材を切ってサッと炒めるだけ

特集 夏を乗り切る生活術 2021.7.13

取材・文:花塚水結

気温がグッと上がる夏は、料理で火を使うのが億劫になってしまいがち……。そんな時期にぴったりな「ニラタマトマ炒め」をご紹介します! レシピを教えてくれたのは、介護美容家として活躍し、栄養士の資格も持っている川﨑恵美さん。

▼教えてくれた人

食材を切ってサッと炒めるだけで、ご飯をもりもり食べられて、栄養補給もバッチリな中華風炒めで元気を出しましょう!

 

栄養バッチリ! ニラタマトマ炒めのつくり方

 

▼所要時間

10分

 

▼材料(2人分)

・トマト……中玉2つ
・ニラ……半束
・たまご……2つ

〈調味料〉
・塩……少々
・川﨑さん秘伝の炒めタレ……少々
※秘伝の炒めタレのレシピは記事の最後に紹介しています!

 

▼つくり方

1 トマトを湯むきをしてくし切りに、ニラは4〜5cmの大きさにざく切りします。

2 たまごを割ってかき混ぜます。

3 少し煙が立つくらいフライパンまで熱したら、多めの油を入れます。

4 強火のフライパンにたまごを流し入れます。

ポイント ここではあまりかき混ぜないようにし、ある程度固めておきます

5 たまごが固まってきたら、大きな塊を残すようにしてほぐしておきます。

6 たまごがほぐれたら、一旦取り出しておきます。

7 たまごを炒めていたフライパンを弱火にして、トマトを入れて炒めます。

ポイント あまり動かさず、水分を飛ばしていくイメージです

8 塩を入れて軽く混ぜます。

ポイント 浸透圧によって出てくるトマト内部の水分をさらに飛ばしましょう!

9 ある程度水分が飛んだら、取り出しておいたたまごとニラを入れます。

10 炒めタレを入れて、ニラがしなる程度にサッと炒めます。

11 最後にごま油をひと回し入れ、軽く混ぜたら完成です!

中華風の炒めものなので、ご飯との相性が抜群! 夏でももりもり食べられちゃいます。

たまごは食物繊維とビタミンC以外のほとんどの栄養素を含んでいる食品で、足りない栄養素は、ニラとトマトが補ってくれます。さらに、ニラはビタミンAやE、トマトはリコピンを多く含んでいるので、栄養価はバッチリです! また、トマトは加熱することで栄養の吸収率が高まります!

具材を切ってサッと炒めるだけなので火を使う時間も短く、暑い夏でも料理が楽になります。この夏のレパートリーにぜひ加えてみてはいかがでしょうか?

 

川﨑さん特製! 簡単万能タレ「炒めタレ」のレシピ

 

記事冒頭の「調味料……炒めタレ」ってなんだろう?
そう思われた方も多いのではないでしょうか。実はこのタレ、川﨑さんが考案した炒めもの専用のタレなんです! 特製タレをつくり置きすることで、普段の料理の味つけを簡単にしているのだとか。今回は炒めタレのレシピも教えていただきました。

▼材料
・中華スープ
・塩
・醤油
・砂糖
・酒
・すりおろしショウガ
・すりおろしニンニク

これらの調味料を混ぜ合わせるだけで完成です
冷蔵庫で保存すれば1週間程度は持ちます。これを入れるだけで簡単に炒めものがおいしくなるので、ぜひみなさんもまねしてみてくださいね〜!

 

▼関連記事
主食にも夜食にもおやつにも!「うどん餃子」5分レシピ
【川﨑恵美さん・62歳】否定された年齢を活かして新たな仕事に挑む
60歳、自分の甘やかし方——介護美容家・川﨑恵美

コメントを投稿する

コメントを投稿する

コメントをするには、会員登録/ログインが必要です。

この記事をみんなに伝える

ボタンクリックでシェア

ZIELのSNSをフォローしよう

  • twitter
  • facebook
  • line
この特集の記事一覧へ